読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老媼、春を濯ぐ

コンサートは人こそ少なかったが個人的には大変満足できた。一曲目は安定感ある演奏ができた。これは純粋にコンサートグランド2台によるホールでの演奏ということで、普段より響きを演者として愉しみながら弾くことができた。もう一曲に関してはどうやらテンポを上げすぎたようで、相方は苦心惨憺といった塩梅だった様だ。僕が気持ちよく演奏できた点と、周りからの評判も良かった(ここで言う周りとは、母とOBのみである)点から、二人には感謝が絶えない。これでこそ京王線もいじらしく歓呼の声を走らせ、家路のつぼみも花を咲かせるというものだ。

そんなコンサートの後、駅前で六人ほどで駄弁っていたところに、一人の老女がやって来た。

私のことも知っているでしょう?と女は僕を見て言った。僕は全く見覚えがなかったため、小さく会釈することしか出来なかったが、隣にいたイケメンはそれを強く肯定した。それが嘘だということはその場にいた人間であればすぐに分かるところではあったが、人を傷付けまいと咄嗟に嘘をつける性質を、僕は羨んだ。

女は、社会人になると辛いことが続くけれども、ただ上の人間に従い、尊敬し、嫉妬せず、誠実に生きていれば、そしてイエス様を信じれば、成り上がることができると言った。そこで僕は初めてこの女がキリスト教信者で、僕らが勧誘紛いの行為を受けていることに気付いた。

女は饒舌だった。その口調は、僕らよりも自分自身に言い聞かせているようにも見えた。僕は、この女は信教の自由を許されていないのだろうな、この女は僕と同じだ、と感じた。それは、僕がアマガミを在るべき本当の形と信じることと何ら変わりはなかった。

イケメンが半ば強引に話を終わらせて、皆それに乗っかって女の元から去った。僕は人の話を故意に遮ることはそうそう出来ないので、これもまた尊敬に値するところである。一難去った一同は何処か店に入ろうという流れになったが、僕は喉から、昼に食べたおにぎりとファミチキが溢れるような感覚がしたので、夕食は断って、一人京王線に揺られることとなった。

僕は京王線の音ではなくシベリウスノクターンと八つの小品を聴くことにした。帰路はアスファルトで隙間なく埋められていた。

二つの御業と火の始末

僕はボールを扱う競技が苦手だ。コントロールに難があるのだ。

f:id:monster_enelgy:20161218092528j:plain

僕は下の段である。奇跡的に逆転できた。これは僕の実力であるというよりは、一にも二にも運が良かったと言う他ない。常日頃の思想や行動が超自然的な力に認められたのだろう。この後のゲームでは相手に大差をつけられ敗北した。驕れるものはなんとやらである。

これは池袋ラウンドワンでの出来事だった。池袋に来た主な用事は、二日後に迫ったコンサートに向けてのスタジオ練習だった。当日予約で割安に二台ピアノスタジオを四人で二時間、借りるついでに遊んでご飯も食べようという試みだった。ボウリングの後メダルゲームで時間を潰し、スタジオに向かい、そこでもう二人が合流したというわけである。

スタジオでの練習、これが非常に有意義だった。何より録音機材が常備されており、セルフサービスで使用しても良いとのことだった。後に聞き返すと粗のわかること、次の練習に活かしたいと考えていたが、これを書いているのは当日、コンサート会場に向かう電車の中である。

この日記を書くのが遅れた主だった理由が、スタジオを後にした一行が向かった磯丸水産にある。家系ラーメンだったり、くら寿司だったり、串カツ、焼肉など多岐にわたっていた選択肢の中からここを選んだのは大変な運だった。僕はこの居酒屋チェーン店に足を踏み入れるのは初めてだった。

量の割に安い海鮮丼で小腹を満たした後、貝を肴にビールを飲んだ。貝の肴としての魅力に僕は完全に打ちのめされ、気が付くと三人に他人との在り方について無茶苦茶な持論を披露していた。面白おかしく聞いていると言ってくれてはいたものの、我ながら面倒くさい性分であることを感じずにはいられなかった。

f:id:monster_enelgy:20161218081300j:plain

終電が迫る頃、店側で開催するじゃんけん大会なるイベントが始まった。全員参加のもので、優勝した人のテーブルの会計が半額になるというものなのだが、これに後輩が優勝した。周りの客からも拍手喝采を貰いながら、勝利の美酒のおこぼれを頂く形になった。気が付けば終電はとうになくなっていた。

磯丸水産で十二分に酔い、驚くほどの少額で心身共に満たした僕と一行はダーツをして朝を待つことにした。ここからが大変だった。先の居酒屋で飲みすぎたこともあり睡魔が絶え間なく寝るよう囁き、僕はこれに周りを気にせず小躍りしたり歌を歌ったり、床に座り込むなどして返した。ボールのコントロールが苦手僕がダーツのそれに優れている訳もなく、酔いと眠気も相まって点数は地獄の様相を呈していた。

朝の八時までのフリータイム投げ放題プランで始めたため無限に続くかと思われたこの流れは、翌日(子夜を超えていたので、実際には当日だが)にバイトを控えていた一行の一人が万力で締められるような頭痛を訴えたところで一旦の終わりを迎えた。

外の寒さに身を震わせながら一行は大学方面の電車に乗った。僕ともう一人はそのまま会室に向かい、練習して帰る算段だった。しかし大学も四六時中開いているわけではいので、始発近い時間で大学に向かうと時間が余るのは必定と言えた。そこで僕らは余った時間を電車の中で寝て過ごそうと考えた。

ここで失敗したのが寝る電車の路線である。京王線で寝ていれば暖かかったかもしれないが、就寝場所としてモノレールを選択した僕らはその電車内気温に絶望した。まるで暖房が効いておらず、狭い駅間隔で開くドアから入る冷気に、友人は途中まで寝付くことさえ許されなかったという。それほどに寒かった。

やっとの事で時間を潰した僕らは、大学が開くや否や、会室に向けて歩き出した。かなりの敷地面積を(無駄に)誇る大学では、会室の鍵を借りて室内に入るまでに相当の距離を歩かされる。既に体の芯、頭から足先まで凍えきっていた僕らは、自然と首に力が入り痛みを感じ、背が自然と丸まり類人猿さながらの歩きを見せながら目的地に向かった。後に調べるとその時の気温は零度より低いということだった。その時の僕らの有様は、さながら聖地イェルサレムに向かう宗教徒のそれだっただろう。

練習のために大学に来た二人がまず行ったのは食事と睡眠だった。僕は途中講義に向かったが、結局四時間近く寝たように思う。暖かいだけで、横になれるだけで人はこれ程幸せを感じられるものなのか、と感じる暇もないほどの熟睡だった。

午後になって多少の練習をした後、コンサート前の最後の英気を養うために向かった先がラーメン二郎である。向かう途中夕焼けを見たが、同じような朝焼けを見ていたので不思議な心地がした。

f:id:monster_enelgy:20161218111150j:plain

半年以上口にしていなかったそれは変わらず味が濃く、肉の脂は絶妙、量は多すぎ、食べ終わり店を出る頃には胃はグロッキーといった状態になった。

極限まで自分を追い詰めたがる性分と、死なば諸共精神が災いした僕らは、ラーメン二郎を食べたその足で、言わずと知れたスターバックスコーヒーに向かった。

流石の小洒落た雰囲気と暖かさ、そして一杯のラテが眠気を誘う。意識を失いそうになりながらも二日間の総括をした僕らは、自前のPCで作業している連中に心の唾を吐いてスタバを後にし、駅まで歩いて解散となった。

コンサート前に激動の二日間、不思議と練習した記憶があまりないが、本番は常日頃の思想や、ここに記した行動が超自然的な力に認められることで上手くいくと信じている。

褪せる

知り合いが会社のPCで青成分の明るさをカットしている、という話を聞き、僕もやってみた。

 

画面が、薄黄色くなったように感じられた。真っ先に思い出したのが、小学生の時に校庭で行われたバザーのような催しの中で行われていた企画の一つである、老人の感覚を知ろうという体験学習であった。

 

それは、老いると生活するのにどれだけ負担が大きくなるか体験できるということで、興味を持ってやってきた僕や周りの子供たちに、黄色がかったゴーグルを耳を、そして更に腕と足に一定のおもりを装着させるというものだった。僕は半ば「おもりを付けてもへっちゃらである自分」を証明したいがためにその体験学習に参加した。

 

これがなかなかどうして、僕には新鮮に感じられた。おもりに縛られてなかなか動き辛いことも然ることながら、それ以上に僕を縛るのは視界である。ゴーグルは少し厚く、ぼやけて見える。そして、色の判別の難しさが大雑把な認識すら鈍らせる。この状態で老後の日々徒然を送るのかと考えると、ふと恐怖に思うところがあったのを今でも覚えている。尤も、老後を待たず著しく視力を落とした自分が、似たぼやけを眼鏡で補う日々を送るとは夢にも思わなかったわけだが。

 

閑話休題、とにかくその時の色が、PCの青成分の明るさを切ると思い返されるのだ。とはいえ、過去の体験の黄色の方がよっぽど強いとも思うが。実際には、どうなのだろう。老いは青の光源の認識を鈍らせていくのか、他の色もそうなのか、それとも別の作用が働いて黄色くなるのか。

 

老いは、色鮮やかな光をも奪っていくものなのかと思うと、綺麗なものは若いうちに見なければならない。これまで見れたものが、見れなくなるかもしれない。そう考えると、あちらこちらに旅に出て写真を撮っている後輩は人間的にとても正しく、羨ましい。まずは、積極的に外にでることから始めなければ。

 

ブスは死なない

つい先ほど、アマガミSS+」を視聴していた僕は世界の理に気付いた。

 

即ち、今この世の中が悲しいことで溢れている原因。それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛くない女の子がいるからである。

アマガミの世界に存在する女の子は皆可愛い。可愛いのだ。それに比べてこの世の中、そうでない女の子が多すぎる。これがひずみゆがみを生み、悲しみが跳梁跋扈する。

これは、男にも言える推論だろう。残念ながら僕は世のために死ななければならない。

 

 

 

だが僕は死なない。なぜなら僕一人が死んでも不細工は絶えないからだ。この世の中、今更不細工一人ブス一人減ろうが悲しみは絶えない、それくらいに蔓延っているのだ、ブス不細工が。

 

先日、逃げるは恥だが役に立つなる恋愛ドラマの最終回を視聴した際、(特にイチャイチャシーンを見た際)僕はこれを実写版アマガミだと感じた。がしかし、僕が許せないのは到底ブサイクの壁を破れていない星野源があの世界に存在したことである。最終回しか見ていないので何とも言えないところではあるが。新垣結衣は本当に良い仕事をしている。それが一瞬でもぼくがアマガミに求めていた要素を感じさせたのだろうが、所詮実写には悲しみが蔓延っている、そういうものである。そういうものであって欲しいとさえ思う。そしてそれは、ブス不細工が生み出している。

 

一緒に逃げ恥を視聴していた妹は星野源のことをかっこいいと言っていたが、これは聞かなかったことにした。

 

 

ブス不細工が世を泣かせる。

絶対的な存在を求めて悩む皆、アマガミの女神達を信じろ。不細工の皆、僕と共に死にましょう。

うんこ解放

SNSだと見たくもないものが映ることが多い。それは表面上の情報だけではなく、その裏にある思惑、大抵は無意識の欲望みたいなもので、自身もその例に外れはしないのだけども、どうも他人のそういった部分を嫌悪してしまうきらいがある。そこで、せめて社会に出るまでは、自分の見るもの、もしくは自分の見るタイミングを取捨選択しながら、好きな時に雑記し、なおかつその雑記が人目に映る可能性は残したいと考えた僕は、こうしてブログを開設した。以下、雑文である。

 

昨日までは本気で卒業コンサートに出演するかどうか頭を悩ましていたが、なんとか曲を通しで弾くことくらいは出来る目途が立った。ただ、ろくな完成度にはならないことに違いはないことと、文集と銘打たれた落書きが出回ることを考えると、どうしても気落ちしてしまう。こういった難点を考慮すれば、出演しないのも十分選択肢としては選ぶ余地があったが、結局、これまでの流れと、市谷ルーテルホールでスタインウェイのピアノが無料で弾けることと、期待して遠方から聴きに来られる方へ、何かしら形にすることで最低限の、いやそれ以下かもしれないが、礼としたいという気持ちから、とりあえず辞退だけは避けることにした。

 

中学の旧友達は皆理系で、悉くサークルを辞めている。それでも彼らは学科間の繋がりなるものが存在し、別段学生生活に困ることも、暇を持て余すこともないらしい。その有様を見ていると、サークルに固執している自分がえらく滑稽なことに気付かされる。これまでと同じように、ばっさり切り捨ててしまえば楽になれるはずだけども、そうもいかないくらいには長居してしまった。

 

Facebookで社会人になってもピアノやアンサンブルを続けているサークルOGの投稿を見て、とても羨ましくなった。今後、誰かと何かを共演することはあるだろうかと考えると、無性に悲しくなる。人と繋がり続けることの難しさと、人と繋がる行動がみっともなくみえる悪癖をなんとかしない限り、いつか一人で死ぬ気がする。

 

4日後のコンサート、どうやら親が来るらしい。友人も来る。それなりのものにしたいと思う。